苦海を彷徨う魚の断酒記録


プロフィール

カゲミーロ

Author:カゲミーロ
何回かの断酒失敗から辛うじて2015年10月12日で断酒600日経過しました。断酒に対する考え方 心境の変化などを綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (137)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--(--)/--:--:--:コメント(-)|トラックバック(-)
name:

title:

Mail_address:

URL:

comment:

パスワード:

管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL

百八つ

断酒を継続して半年を迎えようとしているが前々回の記事に断酒自体がそれほどの苦痛を感じなくなってくると断酒でのメリットもそれほど感じなくなる旨の事を記したが少し言い方を替えれば断酒を始めたばかりの頃は体も精神も多分それなりにかなり衰弱しており何日かの断酒により体も精神(心)も回復している過程が手を取るように感じられる。 しかし体と精神が回復すると今度はそれが当たり前になりその事自体のメリットも意識しなくなってしまう。(罰当たりな事です。)

無明はあらゆる煩悩を生み出す 最近煩悩に関する本の中で煩悩の数は何故百八つなのか諸説ある中で一つご紹介したいと思う。

まず 人間界では四苦八苦からは逃れられない------四苦とは 生 老 病 死
八苦とは 愛別離苦 怨憎会苦 求不得苦 五蘊盛苦
これらから

四×九=三十六  八×九=七十二   三十六+七十二=百八つ

他にも諸説ありますが私としてはこの四苦八苦をベースにした説が一番ピンときます。

さて本来なら無明というものを探求しなければならないのですが私の場合は私自身が無明の塊だと自覚していますのでまずはここから生み出される煩悩を調べていきたいと思います。

五戒

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



2014/08/13(水)/15:45:01:コメント(0)|トラックバック(0)
name:

title:

Mail_address:

URL:

comment:

パスワード:

管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
次の記事 |HOME| 前の記事

このテンプレートについて
テンプレート製作者ブログ

Copyright (C) 苦海を彷徨う魚の断酒記録 All Rights Reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。