苦海を彷徨う魚の断酒記録


プロフィール

カゲミーロ

Author:カゲミーロ
何回かの断酒失敗から辛うじて2015年10月12日で断酒600日経過しました。断酒に対する考え方 心境の変化などを綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (137)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--(--)/--:--:--:コメント(-)|トラックバック(-)
めたぼ侍
中学生ですか?

最初の泥酔は、中学生の時ですか?早いですね。私は、大学に入ってからでした。こういう祭りやイベントの時ってまわりも寛大になりますからね。機会飲酒ですよね。初めての時は、自分の許容量わかりませんからね。命に係わる大けがじゃなくて良かったですね。
2014/08/10(日)/14:44:32 |URL

カゲミーロ
Re: 中学生ですか?

> 最初の泥酔は、中学生の時ですか?早いですね。私は、大学に入ってからでした。こういう祭りやイベントの時ってまわりも寛大になりますからね。機会飲酒ですよね。初めての時は、自分の許容量わかりませんからね。命に係わる大けがじゃなくて良かったですね。

自分ながらも今考えてみると末恐ろしい中学生ですね。まあ今の姿を見れば納得ですが。
でも当時 当地は祭りの山車の上は治外法権の様な慣習(雰囲気)が有った事は否めませんね。
未だこうして命が有る事だけでも感謝して生きなければなりませんよね。
2014/08/10(日)/17:18:37 |URL

name:

title:

Mail_address:

URL:

comment:

パスワード:

管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL

狂気の夏祭り

これまでに過去に泥酔し 人には話せないような経験を積み重ねてきたが、8月になるとどうしても思い出してしまう事がある。 今回は恥を忍んでこの話を書いてみようと思う。子供の頃に住んでいた町(北東北)は8月20日前後に3日間三社大祭と称し20台前後の山車が市内を練り歩く祭りで私が幼稚園児だった頃から毎回参加していた 小学生になると山車に乗れる小太鼓がたたけるようになり(5人が1クルーで交代制)中学生になると横笛を担当一日中山車に乗り放題 未だ飲酒が常習化する前の中学1年の夏に初めて横笛で山車に乗る事となった。(初日は平日だが町内会長の証明が有れば学校は公休)横笛担当は他に幼馴染のやはり中学1年の悪坊主この2名で最後までお囃子の横笛を絶えることなく吹き続けなくてはならない大役だった。午前10:00位に運行が始まり山車が動き出した直後は地上3メートルを越す高さから見る町内の風景に感動した記憶が今でも鮮烈に覚えている。30分位はお囃子に集中していたが次第に喉が渇き始めた(今の様にペットボトル持参などと言う意識は当時は全く無かった)頃 幼馴染の相方がおもむろになんと一升瓶を差し出してきたのだ。運行前に1本くすねて持ってきたのだった。早速お互い湯飲み茶碗になみなみと注ぎ一気に飲み干した。喉が死ぬほど乾いていたので慣れていない日本酒も抵抗無く喉を潤していった。 こうして1時間程は一人が笛を吹き一人が酒を煽るこのサイクルで過ぎた。 そうこうしている内に最初の休憩地点に到着(三社のうちの一社である神社付近)ここで急にすごい尿意が襲い急いでトイレに。 そして出発 相方は休憩中にコーラのホームサイズ(当時販売されていた)を入手酒はもう要らないとの事でその後は私一人で湯飲み茶碗でがぶ飲みを繰り返していた酔いが回り気分は最高で天下を取ったかのような気持ちだった。(一升瓶は既に3/1位しか残っていなかった)そして1時間位経過した頃2回目の尿意が襲ってきたので相方に山車を降りて小便をしてくる旨を告げて狭い山車の骨組みの間を潜り抜けるように降りていくと思うように体が言う事を聞かないやっとの思いで山車の下まで降りることが出来たが今度は動いている山車から地上に降りなければならない(山車からの転落事故で過去死人が出ている)。 意を決して飛び降りると町内会支給の浴衣の裾が山車に引っ掛かり破けてしまったが何とか着地。しかし付近にはトイレを借りられそうなところは無い。仕方が無いので少し歩いたところに小さな谷が有り湧き水が湧いている所を思い出し谷に下りる場所まで行き思い切り放尿しようとした時足が縺れ一気に谷底まで転げ落ちて行った。 ここまでは鮮明に覚えている。 何分くらい経ったのだろうか。肘 膝 脛の痛みで我に返り見回すと浴衣はボロボロ あちこちの腕 足からは鮮血が流れ落ち腰は激痛で自分に何が起こったのか暫く理解するのに時間が掛かった。どうやって家まで帰ったのか記憶には残っていない。ただ親はもちろん町内の人からも何も怒られなかった事だけは今でも不思議だ。  今考えれば祭りの時は多少の事には寛大だったのだろうが、この様な環境が少なくとも依存症になった一つの要因の元になったのかもしれない。

山車

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2014/08/10(日)/09:40:02:コメント(2)|トラックバック(0)
めたぼ侍
中学生ですか?

最初の泥酔は、中学生の時ですか?早いですね。私は、大学に入ってからでした。こういう祭りやイベントの時ってまわりも寛大になりますからね。機会飲酒ですよね。初めての時は、自分の許容量わかりませんからね。命に係わる大けがじゃなくて良かったですね。
2014/08/10(日)/14:44:32 |URL

カゲミーロ
Re: 中学生ですか?

> 最初の泥酔は、中学生の時ですか?早いですね。私は、大学に入ってからでした。こういう祭りやイベントの時ってまわりも寛大になりますからね。機会飲酒ですよね。初めての時は、自分の許容量わかりませんからね。命に係わる大けがじゃなくて良かったですね。

自分ながらも今考えてみると末恐ろしい中学生ですね。まあ今の姿を見れば納得ですが。
でも当時 当地は祭りの山車の上は治外法権の様な慣習(雰囲気)が有った事は否めませんね。
未だこうして命が有る事だけでも感謝して生きなければなりませんよね。
2014/08/10(日)/17:18:37 |URL

name:

title:

Mail_address:

URL:

comment:

パスワード:

管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
次の記事 |HOME| 前の記事

このテンプレートについて
テンプレート製作者ブログ

Copyright (C) 苦海を彷徨う魚の断酒記録 All Rights Reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。