苦海を彷徨う魚の断酒記録


プロフィール

カゲミーロ

Author:カゲミーロ
何回かの断酒失敗から辛うじて2015年10月12日で断酒600日経過しました。断酒に対する考え方 心境の変化などを綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (137)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--(--)/--:--:--:コメント(-)|トラックバック(-)

無心か妄想か

梅雨空が続き気分もすっきりしない。
三年ほど前からアプリを使って夜一人で坐禅をしている。元々集中できないところにきて最近更に集中できていない自分に情けなさを痛感していた。
坐禅を始めたころは40分という時間はそれ程苦痛には感じなかったのに何故最近苦痛に感じるのか?
断酒も坐禅とほぼ同時期に始めた訳だがこちらは始めたころは苦しかったのだが日増しに身体が回復するにつれ肉体的には楽になり断酒も段階的に楽になった。
今回は坐禅と断酒のこの2つの相反する理由を考えてみたい。

先ずは坐禅を始めた理由としてジムでヨガをやっている時シャバーサナ(ヨガで最後にやる仰向けで目を閉じる)の最中に今まで味わった事の無い解放感 快感を体験したことからなのであるが、坐禅を始めたころは坐禅に任せるというような謙虚(無心)さが有ったのだろう。言い換えれば例えば坐禅によって何かを得ようなどとは思っていなかった。 しかし最近は坐禅中妄想が次から次へと浮かんできて坐禅が終る迄安定感を得られない。

断酒を始めた理由としては長年の飲酒により精神的に自己嫌悪感 虚脱感etc 肉体的には吐き気 下痢 息切れetcからの離脱また社会的には 対人的に良好な関係維持 円滑なコミュニケーションなどの改善。

強引にまとめてしまうと、坐禅も断酒も自分の欲望(妄想)を先行させて行った場合必ず苦しさが伴う。

やはりマインドフルネスというものを今一度掘り下げて考え直す時なのかも知れない。

images99RAJQL5.jpg

にほんブログ村

にほんブログ村


2016/06/25(土)/12:30:03:コメント(0)|トラックバック(0)
スポンサーサイト

一気に飲み干してしまえ!

断酒を再開して851日が過ぎた。
この間に二度誕生日を迎え、息子 娘がそれぞれ結婚し、バイクが新しくなり金銭的にも余裕が出来き或る物質を除いては、大体欲しい物は手に入れられ日常生活に於いて比較的恵まれた環境で生きているのだと思う。
言い換えれば普通に働き 普通に運動し 普通に食事をし 普通に就寝し 普通に起きる この規則正しい生活をお蔭様で維持できているのだ。
これも或る物質を体内に注入しないでいる事で続いているのだ。
土曜日だった昨日は午前中がジムでウェイト ヨガ ランニング夕方から合気道の稽古 本日は朝からジムでウェイト ランニングそれからバイクショップで部品を注文し茨城迄ショートツーリング先程帰宅 妻は友人と外出してしまったので一人アイスコーヒーを飲みながらソファーに横になりDVDを観ていたのだがふと漠然とだが違和感と言うか最近では感じた事のない虚しさを感じてしまった。----確かに今の様な生活は断酒前には憧れの様な生活には違いないのだが- -----正直に言ってしまえば或る物質が欲しくて仕方なくなったのだ。やはりアルコールは一種の麻薬なのだとつくづく実感する- ----一呼吸置こう!
とそこで冷蔵庫のコーラをグラスに山盛りにした氷の上から注ぎ一気に飲み干す-----ウッ ウマイ ビールよりウマイ。これで先程の欲求はきれいさっぱり消えました。

本日の教訓:只単に喉が渇いていただけで欲求が顕在化する場合が有る- ----気をつけろ!


にほんブログ村

にほんブログ村
imagesB20TJC87.jpg



2016/06/19(日)/16:24:23:コメント(2)|トラックバック(0)

アルコールとの蜜月期?

断酒継続843日経過した。
最近これと言って大きな変化は無いが、あえて言えばバイクでコーナー中リアタイヤが滑り危うく転倒しそうになったのだが何とか足で踏ん張り持ちこたえた。本当に助かった!自分のバイクは一転び10万円と言われており、もし転んでいればそれ以上の万札が消えて無くなっていたのだ。ただ其の代償として足に擦り傷を負ってしまったが不幸中の幸いと思っているが、これを境に急にバイクに乗るのが億劫になってしまった。
つくづく年を感じてしまう。
若い頃は例えバイクで転倒しても車で事故っても次の日にはけろっとしていたものだが、しかも夜には必ず酒を飲んでいた。
其の頃の酒は翌日まで残って苦しかった記憶は無い。(いや多少は苦しかったはずだが)
今思うと本当にあれが自分自身だったのかが信じられない。
多分人にはそれぞれ酒との蜜月期という時期が有るのだと思う。ただ蜜月期が過ぎれば止める人がいてまた蜜月期が過ぎて倦怠期に入っても止めない(止められない)人がいるのだ。
自分がどっち側の人間なのかは未だに分からない。
ただ今は酒よりもコーヒー コーラが好き!

1465631329886.jpg
長野の旧道に出現した信号機付きトンネル


にほんブログ村

にほんブログ村


2016/06/11(土)/17:30:17:コメント(0)|トラックバック(0)
|HOME|

このテンプレートについて
テンプレート製作者ブログ

Copyright (C) 苦海を彷徨う魚の断酒記録 All Rights Reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。