苦海を彷徨う魚の断酒記録


プロフィール

カゲミーロ

Author:カゲミーロ
何回かの断酒失敗から辛うじて2015年10月12日で断酒600日経過しました。断酒に対する考え方 心境の変化などを綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (137)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--(--)/--:--:--:コメント(-)|トラックバック(-)

過去から学べるか?

断酒継続465日経過し、あっという間に5月も終わる。
最近の体調はけっして良いとは言えない、先ずはだいぶ良くなったのだが一週間程前から鼻の右側に吹き出物ができた。
また気管支が炎症をおこしておりタバコが不味い。前回 前々回の断酒時の日記を読んでみるとやはり6月に体調の悪さが記されている。自分の場合スリップするのは体調の悪い時が多いので要注意でもある。

今回は何故体調の悪いとき以外でもスリップしてきたのか?を考えてみたい。
その前に自分の場合何故断酒を始めようと思ったのか。前回の場合 明らかに打算的な理由だった。 父の死のショックも有ったが7月から断酒を決行し8月から大型二輪免許取得のため教習所通いに際し、二日酔いの状態では確実に実技教習に悪影響が出る事を見込んでいたためだった。案の定この断酒は8月で卒業検定合格して二週間後にスリップしてしまった。

過去の断酒の失敗から学べるとすれば断酒の動機が打算的な欲望 自己嫌悪 劣等感であれ比較的短期間でそれらの問題が解決または癒される様な類の場合それらが一時的に解決してしまえば元の木阿弥となるケースが圧倒的に多いのではないかと思う。
最近断酒に関し大事だ思っていることは、断酒の動機などではなく、如何にして今の自分のライフスタイルの質を上げていくことだと思っている。 別に金儲けして贅沢しろなどと言っているのではない。
簡素でも自分の生き方が楽になることを最優先に生きていくべきなのではないかと思うのです。

問題はそれが一番難しい事なのですが。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

IMG_0378.jpg
原子力船むつ 原子炉本体


2015/05/31(日)/15:34:08:コメント(0)|トラックバック(0)
スポンサーサイト

調身 調息 調心

前にも書いたと思うが、断酒開始後自分が極めたい事として丹田 呼吸 中心軸 この3つが有る。
何故かといえば、自分としてはこの3つがちゃんと機能していなければ心の安定化の持続に不安が出てくるからなのだ。
その対策として役立っているものが坐禅 合気道 ヨガ この3つなのだが今回この中でヨガ(ヨーガ)を中心に取り上げたい。
古典ヨーガ(精神集中による瞑想により心の作用を統御して、その結果、宇宙原理や悟りの知恵を体得しようとするもの)がインドで生まれたのが紀元前800~700年頃。
仏陀(釈尊)が悟りを得たのも一種のヨーガによってであり、その後中国 朝鮮 日本にももたらされた。
そうなると坐禅のルーツも一種のヨーガという事になる。
また合気道でも剣禅一如という言葉も使われておりこの3つは意外なところで関連性が有る。
古典ヨガは普段ジムでやっているハタヨガとは全く異質なものらしい、古典ヨーガは、心の作用をどこまでも統御して最終的には止滅にいたらせる。これに対してハタヨーガは心の作用のむしろ活性化を目指す。
インドで生まれたヨーガが3000年経った今後も日本の古武道に迄影響を残している。
またこの3つの共通しているフレーズとして調身 調息 調心が有る。

imagesRZ81BZF1.jpg
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村





2015/05/24(日)/15:07:47:コメント(0)|トラックバック(0)

心の免疫力

断酒継続452日が経過した。350日前後迄は飲酒欲求でいえば安定期 不安定期を繰り返していたが最近は全く飲酒欲求が出てこない。この事自体は良いことには間違いないが、その理由が断酒の継続時間に比例し欲求は治まるものだとは思っていたのだがそれ以外イマイチはっきりとした理由が解らなかった。

しかし今日撮り貯めていたNHK Eテレ こころのに時代を観ていてこれかな?と思う箇所が有ったのでご紹介したい。
昔から体の免疫に関してはいろいろ取沙汰されてきた例えば自分も実践しているが腸の免疫力を高めるためにビフィズス菌だとか風邪予防にはビタミンCとか---------。ところが精神(心)はどうか?心の免疫力という言葉すら聞いた記憶はない。この番組のゲストの僧侶が仰られるには心の免疫力を高めるのは本来教育が必要であると。
戦後の日本の教育現場を考えると到底無理な話だとは思うが、しかしもし日本で心の免疫力を高める教育が存在すれば例えば自殺者、麻薬中患者、鬱病患者は少しでも減るのではないか?

何をお話ししたいのかといえば。
私は坐禅を始めて約二年経過する、もちろんその間サボったことは数知れないが、心の安定に寄与していることには間違いない。そして禅そのものに惹かれる何かを感じ、釈尊の説いた四苦八苦---生苦 老苦 病苦 死苦 愛別離苦(あいべつりく) 怨憎会苦(おんぞうえく) 求不得苦(ぐふとっく) 五蘊盛苦(ごうんじょうく) から解き放たれるための方法を四諦----苦諦(くたい) 集諦(しったい) 滅諦(めったい) 道諦(どうたい)➡八正道を知り決して実行できている訳ではないが自分の心の道しるべともいえる貴重な教えが見つかった事で日常色々起こる出来事も前向きに対処できる様な気持ちを得られた。

やはり人生の大半は苦なのだろう。(苦が大半だから一過性でもちょっとした幸せがうれしく感じるのだ。)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

imagesYAZGP7GC.jpg



2015/05/17(日)/15:44:26:コメント(0)|トラックバック(0)

今 ここへの気付き

ゴールデンウイークの本州最北端までのバイクツーリングを終えてから5日経ち、日常の生活リズムに戻り、新しい気付きが有ったのでそれらを交えてティク・ナット・ハーンのいうマインドフルネス(今ここへの気付き)について自分ながらの解釈を綴ってみたい。

断酒を始める前 正確には苦をどの様に考えたら良いのかも意識していなかった頃日常生活そのもの全てが不透明で確実なものは無く、常に根拠のない不安 不快 罪悪感などに翻弄されていた。
だが、400日程前に磯村 毅著二重洗脳に出会い、今の苦しさの原因がアルコールはもちろんアヘンや覚せい剤を摂取し続ける事でドーパミン(人間の本能に根ざした快楽を担う)の枯渇が原因の主因であった事を理解できた事が発端で、脳科学に関し興味がわきそこからヨガ 古武道 坐禅へと発展していった。話が多少横道に逸れたので本道に戻る。

何故翻弄され続けたのか?---------人間はフォーカスされたところしか見ていない!ありのままをみていない!
自分の妄想というフィルターを通してしか物をみていない どんなに苦しんでいても現実には雲は流れ 小鳥はさえずり 季節の花々は咲きほこり 小川は流れ全ては今を完全な状態で存在している事に気付けない。

今 ここへの気付き--------人 事象をしっかり認識する事。苦しみの扱いを知っていれば対処の仕方の理解を生み出すこともできる。 その方法とは苦しみを嫌がったり、消そうとするのではなく優しさいっぱいに抱いてあげる事 自分の苦しみと戦ってはいけない。しっかり見つめて良くあやしてあげると落ち着かせる事ができるようになる。
苦しみ方を知る事は慈悲と愛を生むことに繋がる。慈悲には癒す力が有り、またそれは他者にも向かう。慈悲と愛は苦しみから生まれるのです。(泥沼の水から蓮の花が咲くように)
自分のありのままの姿を理解することで、今ここで自分が生きている意味は何なのかが解ってくる。
IMG_0438.jpg
恐山 宇曽利湖

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村


2015/05/10(日)/14:54:32:コメント(0)|トラックバック(0)

2007kmバイクの旅

4月29日から5月5日迄岩手県の三陸沿岸から太平洋沿岸を北上し青森県の下北半島を一周し青森市経由で長距離ツーリングをしていたため約二週間記事の更新ができなかった。撮り貯めた写真と動画をパソコンにコピー、バイクの洗車を済ませたのでコーヒーを飲みながら今回は旅路の思い出を写真と共に綴ってみたい。

IMG_0203.jpg
岩手県北山崎の展望台から海を望むが雲海で全く見えない 残念!

IMG_0248.jpg
IMG_0217.jpg
あまちゃんですっかり有名になった小袖海岸 海の底にはむらさきウニがたくさん見える。

IMG_0353.jpg
青森県三沢市の友人宅に二泊お世話になる。夜は連日大宴会友人の気づかいでノンアルビール3缶頂く。因みに友人達は泥酔撃沈。
写真は寺山修二記念館。

IMG_0366.jpg
尻屋崎の寒立馬 おとなしくて頭を撫でさせてくれました。

IMG_0382.jpg
宿の夕食では生きているウニが5ケも付いており大感激!

IMG_0389.jpg
5月2日10:00本州最北端大間崎到着 ガスっていて北海道が見えない。みやげに大間産冷凍マグロの大トロを送りました。

IMG_0404.jpg
佐井から遊覧船で仏ケ浦上陸。

IMG_0428.jpg
この日の最終目的地の恐山硫黄の臭いが強烈でもなぜか懐かしい。

IMG_0440.jpg
この日の夕食山ウドがうまい。

IMG_0443.jpg
菜の花日本一の横浜町遠くに風車か見える。

IMG_0450.jpg
最終目的地の浅虫温泉。

その後可愛がってくれた叔父の一周忌のため青森市に移動夜はいとこ達とAM1:30迄飲む。 私が酒を止めた事を告げると一同拍子抜けといった感じ。そんな中の一人は缶ビール3缶他に芋焼酎やらを飲んでいたが明らかに尋常な飲み方ではない。その場では何も言わなかったがまるで一年前の自分と重なって見えた。
いつか酒なし生活の良さを教えてやりたい。!
翌朝仏壇に手を合わせ8:00に叔父の家を出発し高速道路は渋滞していたがバイクならではのすり抜けで18:00前に帰宅できた。一日の走行距離700km 今回の総走行距離は2007kmとなった。ちなみに一週間雨には一度も遭遇しなかった。(奇蹟?)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村


















2015/05/06(水)/12:57:46:コメント(4)|トラックバック(0)
|HOME|

このテンプレートについて
テンプレート製作者ブログ

Copyright (C) 苦海を彷徨う魚の断酒記録 All Rights Reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。