苦海を彷徨う魚の断酒記録


プロフィール

カゲミーロ

Author:カゲミーロ
何回かの断酒失敗から辛うじて2015年10月12日で断酒600日経過しました。断酒に対する考え方 心境の変化などを綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (137)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--(--)/--:--:--:コメント(-)|トラックバック(-)

15:1

先週の金曜日は同じ部署の飲み会、これまでは出張 直帰などの理由付けでうまく逃げてきたが今回はあえて自分の断酒力? 接待力を試してみたくて参加した。参加メンバーの中で取締役以外は自分の部下なので会話も適当で良いと判断したためでもあるが。
最初に必要な事は席に着いた時点で今日は車だと宣言してしまう。
先ず最初の一杯は皆に合わせて生中! ではなくDRY ZEROの小瓶をグラスに注いで貰い乾杯!(その時点で自分以外は皆生中である事に気付いた。)
15:1の構図である。
※ここであえて演出を試みたのは プハー うまい!と生中を一気に飲みほぐした時と同じしぐさをする事。
30分もすると早くも酔いが回り普段は物静かなやつの陽気な言動が耳障りになってきたのでそいつに大声でお前ちょっと飲みが足りないんじゃないか?と言うと人懐こそうな表情に変わり普段は見慣れないリアクションが返ってくる。
そんな感じで更に時間が経過してくると自分は仮想酔いを体験する事になる。(本当にアルコールで酔っぱらっている感覚)   2時間で退席しようと思っていたが結局おひらき迄付き合ってしまった。※飲んだ種類と数量はノンアルビール小瓶1本 ウーロン茶5杯 アイスミルク1杯。

今回飲み会に出席したおかげで自分の断酒力 接待力は格段と進化している事が実感できた事(別にアルコールが無くても変わらずコミュニケーションは取れるのだという事と酒飲みは総じて自分を無意識に苛めている事を再認識できた。)
これで来週からの友人とのロングツーリングも問題なさそうだ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

H2.jpg
H2 乗り出し価格2,900,000円也 買ったら部屋に飾っとこ! 買えないけど。


2015/04/26(日)/14:42:31:コメント(2)|トラックバック(0)
スポンサーサイト

「苦から始まる」

一説によれば、赤ちゃんはこの世に出る瞬間泣き叫びながら生まれてくるという。これから先数十年か百年苦に満ちた世で過ごすことになるためだと。

NHK Eテレ こころの時代シリーズ ベトナムの禅僧ティク・ナット・ハーン1部・2部を観終わったので気になった事をいくつかご紹介したい。 ティク・ナット・ハーンはベトナムに生まれ10代で出家しベトナム戦争に遭遇悲惨な状況を体験し師匠である僧侶が焼身自殺するという体験もする。 戦争終結後は国外追放となりフランスに亡命、フランスでの仏教の布教活動が政府に認められ庇護のもと フランス ボルドー 田園地帯に仏教瞑想センター(プラムvillage瞑想合宿)を開設 世界中から年間8000人が訪れるという。
合宿では、マインドフルネス(八正道の中の正念)ありのままの自分に気付く事を一つの課題にしている。

Ⅰ歩く瞑想
私たちはいつも走り回っている-------成功を求め、愛を求め、神を求め、私たちは常に走り回っている。
自分の根源を知るためには走ることを止めるのは革命です。
息を吸って一歩、息を吐いて一歩 自分の注意を吸う息に向けるそして心を体に連れ戻す。 心と体が一つの時、あなたはこの瞬間に存在しています。 完璧に今ここに存在しています。------その事がわかると色々な事に気付きます。色々なところに奇跡をみる事が出来ます。
-------青空 新鮮な空気 鳥のさえずり 小さな花 樹木の美しさ。
そうするとほんの一息でも安らぎ喜びが生みだされます。

Ⅱ座る瞑想

Ⅲ食べる瞑想
多くの存在を介して自分の糧となる事を感謝する。 鐘が鳴ったら食事をやめて呼吸に戻る。 使った食器は大切に意識を向けて洗う。

相互共存
海の波が自分に尋ねた。「私は誰でしょうか?」 波の表面の波が自分に問いかけています。
波に自分に立ち帰る十分な時間があれば波は「自分が海だ」としることができます。
波は波ですが、同時に海でもあります。
波は、そのひとつの波であるだけではなく、他の波でもある。
そして他の波とつながっていて、インタービーイング(相互に共存)していることが分かり
もう自分と他者を区別することはなくなります。

表層意識は差別する
たとえばあなたは愛する人をみつめてみると
あなたの表層意識を通してみているので愛する人のありのままの姿をみていません。
あなたは勝手に心でつくりだした人をみているのです。
誰かに恋した時ありのままのその人に恋している訳ではありません。
本当はあなたは心で描いている人に恋しているのです。
あなたの意識の表れです。


今までは意識してこなかったが、対象のものと対峙するときほとんどの場合自分の主観で対応してきたのだが、その事と
対象物の本質とは異質のものであった事が理解できた。
次回は後編のマインドフルネス(今ここへの気付き)をご紹介したい。


ツーリング仕様
ロングツーリング仕様にして今から試運転に行きます。5月の連休で本州最北端まで行く予定です。
旅の途中日本三大霊場の一つ恐山にも入山予定。
新しい気付きが有ればご報告しますね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村











2015/04/19(日)/11:09:58:コメント(2)|トラックバック(0)

「脳内ノイズ」

今日は久しぶりに朝から晴天だったが、土曜日は昼間はジム 夜は合気道の稽古でオーバーワーク気味も有り、
今日は午前中ジムでヨガとサウナでリフレッシュして午後はハードディスクに撮り貯めしていた番組のひとつNHK Eテレの
こころの時代シリーズ ベトナムの禅僧ティク・ナット・ハン「怒り炎を抱きしめる」を見た後はゆっくり日曜日の午後をくつろいでいる。 最近古武道関連の他仏教関連の本を読む傾向が強くなってきているが今読んでいるのが浄土真宗系の僧侶の著書「考えない練習」と題したもの。普段の実生活で成程と共鳴できる部分が多数有ったので一部を紹介したい。

                 心はひたすら「より強い刺激を求めて暴走する」 

例えば、自分の話を聞いてもらいたい時に、相手が全然聞いてくれなくて腹が立ったという場合。はたして相手は本当に聞く気がなかったのか?

---------座禅で自分の意識の流れを長時間、じーーーーっと見続けていると、心がものすごいスピードで動き続けていることがわかります。 
心がほんの細切れ単位の超高速で移動し情報処理をして、ほんの細切れの瞬間に、身体の中のある場所、たとえば視神経という場所に行って「見る」という行為をするのです。
あるいは聴覚に行って「聞く」という行為をするのです。  
ほんの一瞬の間に、「聞く→見る→聞く→考える→聞く→見る→聞く・・・・・・」といったような情報処理が行われています。
「聞く」ことだけをしているつもりでも、そのすきまには、人それぞれ膨大な量の、無関係な情報が混ざっているのです。
上記が「脳内ノイズ」の素

「聞く」だけではなく目・耳・鼻・舌・身・意(六門)を通じて認識するのが「我」の正体。
感覚に能動的になることで、心は充足する
感覚に能動的になるには五感を研ぎ澄ます必要が出てくるのでやはりアルコールによってセンサーが誤作動しないように気をつけなくてはならないと思うのです。
imagesYQGX63AL.jpg

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

 




2015/04/12(日)/17:10:06:コメント(4)|トラックバック(0)

快感の耐性

さくらが散り始め曇り空が続いているが昨日亡き父の三回忌も無事済ませ精神的には安定期が持続している。
前回の記事で昨年の今頃書いた失楽園仮説を振り返ったが最近読んでいる仏教関連の本の中にも同様なことが書かれているので一部紹介したい。
今の時代はネット SNS 飲酒 ゲーム 競馬 パチンコ他バーチャルな幸福感(快感)に誰でも浸れる。このため脳内快感物質(麻薬)を絶えず脳内に分泌している状態が続き中毒化し耐性ができ同じ分量の快感物質では同じ気持ちよさを感じられなくなる。➡現状維持をしているだけで前より状況が悪くなってはいないのに「自分は不幸だ」と感じるようになる。
他に毎日高級なご馳走を毎食摂っていればやはり有難味は感じなくなるだろうし、自分の求める愛が全て受け入れられたらはたしてまともに生きていけるだろうか?
苦しい事が多いお蔭でふとした些細な事に幸福を感じられる。
やはりあまり欲張って生活しない方が結果的には幸せとも言えるのではないか。

IMG_0122.jpg
先週海釣り公園から  沖に幕張副都心のビル群がかすかに透けて見えました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村


2015/04/05(日)/08:19:43:コメント(2)|トラックバック(0)
|HOME|

このテンプレートについて
テンプレート製作者ブログ

Copyright (C) 苦海を彷徨う魚の断酒記録 All Rights Reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。