苦海を彷徨う魚の断酒記録


プロフィール

カゲミーロ

Author:カゲミーロ
何回かの断酒失敗から辛うじて2015年10月12日で断酒600日経過しました。断酒に対する考え方 心境の変化などを綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (137)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--(--)/--:--:--:コメント(-)|トラックバック(-)

日記を読み返してみよう

断酒400日が経過し、ふと昨年の今頃の状況を思い出したくなり3年程前からつけている日記を読み返してみた。
去年の今頃は断酒を開始して40日前後で文面からは体調 精神面で急速な回復ぶりの詳細が記されている。 
また 其の頃 磯村 毅著 二重洗脳(依存症の謎を解く)に出会い 薬物によりドーパミンの枯渇が誘発される「失楽園仮設」に衝撃を覚えた この本による影響は大きかったと今更ながら痛感する。
ただこの本を読むことで全ての人が影響されるかは別問題だとも言える。 要は少なからず各個人に合った本に出合えるかどうかが重要だと思う。
心が軽くなると行動力が強化されそれに伴って関わる人間関係も増える更に人間関係が増える事で疎外感 不安感が激減して協調性 共有感が強化される。
過去の話はこれ位にして今の現状はどうか?   正直に言って飲酒欲求は100%無い、周りが飲酒しても全く羨ましいなどと感じなくなったそれ以上に哀れとさえ思えるようになった。。この話に似たケースとして禁煙して間もない人は近くでたばこを吸われると嫌がるが完全に禁煙に成功している人は何とも思わない。
結論として何が言いたいのかといえば、薬物(アルコール)中毒は何といっても薬物から離れている時間に比例して欲求が低下して行くという事実をやっと今になって理解出来た事なのです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

無題



2015/03/29(日)/16:32:13:コメント(2)|トラックバック(0)
スポンサーサイト

半径250km圏内の一側面

断酒1年継続し早くも31日経過した。 先週は久しぶりに福島に出張があり、たまたま某役場の駐車場で思いもかけない表示器を発見した。原発事故発生4年経過しても未だ現地はその影響下に有る事を再認識した。

     放射線量計表示パネル
            ↓
IMG_0109.jpg

首都圏に住んでいる身には今では放射線量など気にすることはほとんど無いがわずか250kmしか離れていないところでは未だに仮設住宅が存在する。マスコミはもっと積極的に福島第一原発の実情を報道するべき。

昨日の土曜日は昨年断酒を開始し間もない3月にこのブログで紹介したモーターサイクルショーに一緒に行った幼友達がバイクを買い替えたので天気はあまり良くなかったが慣らしがてら筑波山まで日帰りでツーリング 山頂付近に着いたころは快晴となり快適な一日だった。帰路は私の家の方が近かったし久々に飲みたかったので泊まってもらう事にした。
コンビニで自分用のDRY ZEROとALL-FREEの2本とつまみを買って帰宅。
まずは私はALL-FREE 友人はPREMIUM MALTSで乾杯。
その後友達には以前頂いた所謂希少価値で有る 六趣 を振舞った。(六趣は青森県六ヶ所製原料が長芋で飲みすぎても二日酔いにはほとんどならない)

IMG_0116.jpg
結局AM2:00迄に彼一人で3/2を開け その間自分はノンアルからコーヒーに切り替えたが雰囲気的にはアルコールを飲まなくても全く違和感なく楽しく二度とない時間を過ごせた。
そして今日の朝AM7:30には一緒に父の墓参りをし再会を約束し彼は元気そうに帰って行った。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村


       


2015/03/22(日)/17:29:07:コメント(2)|トラックバック(0)

断酒1年で失ったもの&得たもの

断酒388日経過し精神的には断酒開始以来一番安定した状態が続いている。飲酒欲求に対して強力なバリアが一枚追加された様な感じだ。もっと詳しくいうと以前は酒の事が頭を過ると先ずは飲みたいと思ってしまっていたのが最近は何故だか嫌悪感の方が先に来るのだ。結果として飲酒欲求は全く無くなってしまった。これからもこの状態が続けば良いのだがそんなに相手(アルコール)は甘くないのは承知している。
前置きが長くなったがここで1年の断酒によって特に実感した失ったものと得たもの を分類してみたい。

失ったもの:倦怠感 吐き気 下痢症状 自己嫌悪  罪悪感 根拠のない恐怖感(ブラックアウト) 焦燥感 その場限りの陶酔感  妄想 惰眠等(未だ他にも有りそう)

得たもの:爽快感 充実感 安心感(安定感) 自己愛 他人に対する共感 計画性 物欲(バイク用タイヤ トップケース 
ヒーター付グローブ ノートパソコン SDビデオカメラ 計約240,000円) ヘソクリ約200,000 円

以上上記のように失ったものと得たものに分類してみたがこれを断酒のメリットとデメリットで分類するとデメリットは全く存在しないのが理解できる。
もっと早くこの事が理解できていたら考えられない程の物と金を手にしていた事だろうが今更後悔しても始まらないのでこれからも出来ることなら断酒を継続していければと思っている。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

imagesBWGMXQBI.jpg





2015/03/14(土)/14:05:55:コメント(2)|トラックバック(0)

断酒継続1年の総括

断酒継続1年(2月19日)から16日経過し精神的にもずいぶん落ち着いてきたのでこの断酒1年を総括してみようと思う。

2014年2月19日から断酒再開しその後1か月は飲酒欲求との闘い 反面体調が日々回復(下痢 吐き気 睡眠 鬱 嫌悪感 不安感等)実感を一番顕著に享受できる。ここから3か月までは未だ飲酒欲求は頻繁に現れる。更にここから11か月迄は飲酒欲求もめっきり減少し 体調 気力が充実し行動力も旺盛となる。只これ以降断酒継続1年が近くなるにつれ鬱 飲酒欲求が再発この状態が断酒継続1年迄続く。 それが3月に入ると不思議と鬱 飲酒欲求は自然と薄れてきている。この辺をどう見るかだが楽観的に捉えればある説ではアルコールによる直接的な影響が体内から完全に消失するのには1年かかるとの事=今やっとその段階まで来たのかもしれないがそれはともかく今は断酒そのものが日常生活の自然な一部分になりつつ有るようにも感じられる。やはり継続は力なりだとも思える。
次回は断酒によって得たもの失ったものを挙げて考察してみたい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

最近フーテンの寅さんにハマっています。(寅さん記念館にて)

P1030679 - コピー





2015/03/07(土)/14:58:15:コメント(0)|トラックバック(0)
|HOME|

このテンプレートについて
テンプレート製作者ブログ

Copyright (C) 苦海を彷徨う魚の断酒記録 All Rights Reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。