苦海を彷徨う魚の断酒記録


プロフィール

カゲミーロ

Author:カゲミーロ
何回かの断酒失敗から辛うじて2015年10月12日で断酒600日経過しました。断酒に対する考え方 心境の変化などを綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (137)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--(--)/--:--:--:コメント(-)|トラックバック(-)

飲酒欲求低下

2月19日から断酒して5月がもう目の前
結納を済ませ入籍した息子夫婦が一泊で遊びに来た夜は妻の手料理 刺身にてんぷら断酒前なら泣いて喜びそうな酒のつまみ 翌日の昼過ぎに帰ると言うので昼食は知る人ぞ知るうなぎの名店へここでも以前は必ずビールと酒を頼んでいた!
決して負け惜しみではなくこのようなシチュエーションでも飲みたい気持ちが全く起きない。3ヶ月前なら絶対考えられない。

今日はバイクにETCを付けたので以前から行ってみたかった茨城空港へ単独ツーリング 天気は曇っていたが風が心地良くちょっと高速飛ばしすぎた----反省。
茨城空港は駐車場が無料 5日以上の駐車は申請書が必要との事(警備員の方から聞きました)国内線は新千歳 神戸
国際線は上海等が就航している様です。 喫煙所のベンチで関西人とおぼしきおっさんがうまそうに缶ビールを飲んでいました ゴールデンウィークですからね。

茨城空港

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村










2014/04/28(月)/16:39:02:コメント(4)|トラックバック(0)
スポンサーサイト

亀と魚

003.jpg
仏教の物語に言語での表現の限界をわかりやすく説明している例があります。
あるところに、仲良しの魚と亀がいました。毎日水の中で一緒に遊んでいましたが、或る日突然亀がいなくなってしまいました。それからずいぶん長い間魚は亀を探しましたが、どこにも見あたりません。或る時亀が再び姿を現したので、
魚は聞きました。「君、どこへ行ってたの?」「陸の上に行ってたんだ」 「えっ、陸って何?」魚は理解できません。
亀は一生懸命説明し、魚も何とか理解しようとしましたが、全く話がかみ合いません。魚は陸の話を、水の中の常識で理解しようとしていたからです。「陸はとてもよいところだよ。こことは比較にならないほど大きいんだ」「水はきれいなの?」「いや、水はまったくない」 魚はびっくりします。「水がないのにきれいで良いところなどあるわけがない。お前の言う事はおかしい」  この話は、亀は二つの世界を経験していて、魚は一つしか経験していないと言う事に他なりません。この話の後にスリランカの仏教の大長老のコメントが「魚にも陸を知る方法はあります。それは魚が進化すればいい、と言う事です。最低でもカエルぐらい進化すれば、きっとわかりますよ」

この話で思った事は私の様に依存症者が断酒してその効能を文字にして伝えたとしても限度が有り言葉を超越した領域こそが本当の効能だと言う事と下戸の人に例えば二日酔いの苦しさや鬱症状など言語にしても伝わらないのだと言う事。
その意味で断酒している人は二つの世界を経験しているカエルではないのか。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村






2014/04/18(金)/20:41:04:コメント(2)|トラックバック(0)

思い込みと気付き

今回の断酒は今までに無く快適に過ごしている
理由はなん点かに絞られるが其の中でも先ずは日常生活の中で焦りとか焦燥感 物足りなさ感がどんどんなくなって来ているのが認識できる事。具体的に言うと飲んでいた頃は仕事でも退社時刻が近づけばそわそわしてきて一刻も早く帰って安酒をあおる事が最優先としての課題だった。 また家族で遊びに出かけても夕方には家で飲みたいために家族がまだ遊びたいのを無視して自分優先に行動していた。  ところが今はその様な思い込みの呪縛から解き放たれることができた。いつでもどこでも自由に思う存分その時々を充分満喫できる喜びは今までには経験のない事だ。 新しい気付き が訪れた感覚ともいえる。

隠れた動物たち
絵の中に犬がいます

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村







2014/04/12(土)/15:36:15:コメント(2)|トラックバック(0)

婦人と老婆

本日で断酒45日を迎える。前回の断酒45日目はかなりダレテおりこれだけ飲まずに過ごせたのだから少しくらい飲んでも
どうかな?など考えていた。ところが今回はそのような考えは全く現れない。なぜか それは前にも書いた二重洗脳の効用が効いているからに他ならない。飲んで多幸感を味わいたい 二日酔いなので飲んで楽になりたい 言い換えれば間違った期待間違った恐怖これら間違った思い込みを解くことにより薬物の正体を暴くことができる。

美女と老婆

この絵は二重洗脳にでてくる婦人と老婆という絵です。
はじめて老婆の顔を暴いたとき背筋が寒くなりました。

これからセロトニンの分泌が良好になる季節 外で日光に当たり元気に過ごしたいものです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村


2014/04/06(日)/17:49:00:コメント(2)|トラックバック(0)
|HOME|

このテンプレートについて
テンプレート製作者ブログ

Copyright (C) 苦海を彷徨う魚の断酒記録 All Rights Reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。